茨城の昔話

十の字むじな(土浦市)/ 2011年1月掲載

むかし、神立(土浦市)のあるお寺にドジョウが大好物というお坊さんがおりました。

つづきを読む

大黒様(水戸市)/ 2010年12月掲載

むかし、ある村の辻で旅のお坊さんが、集まってきた村人たちに説教をしておりました。

つづきを読む

弁慶の足跡(猿島郡境町)/ 2010年11月掲載

今から八百年以上も前のこと、源義経は、兄源頼朝を助け、一ノ谷の戦い、屋島の戦いで手柄をたて、ついに壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼします。

つづきを読む

大蛇退治(久慈郡大子町)/ 2010年10月掲載

福島県との県境に茨城県の最高峰・八溝山があります。そして、その東隣(東南東)に高笹山があります。

つづきを読む

義家奉納の白い馬(日立市)/ 2010年9月掲載

平安後期の武将 八幡太郎義家(源義家)が、前九年の役(一〇五一~一〇六二年)・後三年の役(一〇八三~一〇八七年)を平定するため、常陸国を経由して奥州を行き来しました。

つづきを読む

雷棒(笠間市)/ 2010年8月掲載

むかし、たいそういたずら好きの雷様*1がおりました。雷様は雲の上から人間の住む下界*2をながめるのが大好きでした。

つづきを読む

狐と赤ん坊(鉾田市)/ 2010年7月掲載

むかし、飯島村(鉾田市飯島)に大塚おまんという狐がおりました。

つづきを読む

龍神山(石岡市)/ 2010年6月掲載

石岡市の「常陸風土記の丘」から一キロメートルほど北に、標高一九六メートルの龍神山があります。

つづきを読む

阿漕ヶ浦(那珂郡東海村)/ 2010年5月掲載

那珂郡東海村村松に、村松大神宮の神池とされる阿漕ヶ浦があります。

つづきを読む

洞窟で機を織る姫(北茨城市)/ 2010年4月掲載

北茨城市の五浦は、近代美術の先駆者・岡倉天心が居をかまえ、活動拠点としたことでも知られています。

つづきを読む

先頭

前へ

次へ

最後