『<NEC>サプライチェーン最適化を実現する中堅企業向けソリューション販売』など

2016/10/29

一覧画像


●<NEC>サプライチェーン最適化を実現する中堅企業向けソリューション販売

 NECは10月27日、主に中堅企業向けに「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を製品化し、販売を開始した。
 IoT(Internet of Things)を活用して収集した情報を企業間でリアルタイムに共有することで、生産・物流・販売をつなぐサプライチェーン全体の見える化や最適化を実現する。
 本ソリューションは、個々の企業がIoTを活用して収集した生産進捗や配送進捗、店頭在庫などの情報をサプライチェーンを構成する企業がクラウド上で共有するデータベースに蓄積することで、取引先の状況を正確に把握した上で自社の業務計画を柔軟に変更することを可能にする。・・・ つづきを読む(「LNEWS」)





●フォーク無資格運転で運送会社と社長書類送検

 茨木労働基準監督署(大阪府茨木市)は27日、フォークリフトを無資格で運転させたとして、大阪市東淀川区の運送会社「井口運輸」と同社社長を労働安全衛生法違反の疑い(法人両罰)で大阪地検に書類送検した、と発表した。ことし2月19日、大阪府摂津市の車庫と貨物一時保管庫を兼ねる同社摂津事業所の2階で、フォークリフトの運転資格を持たない労働者に最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転させ、荷物運搬のために使用するパレットを1階に降ろすためにエレベーターまで運ばせた疑い。・・・ つづきを読む(「LOGISTICS TODAY」)






●<プロロジス>神戸市にスズケン専用の物流施設竣工

 プロロジスは28日、スズケン専用の物流施設「プロロジスパーク神戸2」を竣工したと発表した。
 この施設はスズケングループ専用の賃貸用物流施設で、茨城県古河市で11月4日に竣工を迎える「プロロジスパーク古河1」とともに2棟同時に開発。両施設は医薬品物流の東西広域拠点として、スズケンの子会社で医薬品に特化した物流会社エス・ディ・ロジが利用する。
 プロロジスパーク神戸2は、神戸市の内陸部に位置する神戸テクノ・ロジスティックパーク内に立地。同敷地内では、13年12月にエス・ディ・ロジの専用物流施設として竣工した「プロロジスパーク神戸」に続いて2棟目の施設となる。・・・ つづきを読む(「LOGISTICS TODAY」)