『鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン~2016年11月19日/20日開催~』など

2016/11/05

一覧画像


●鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン~2016年11月19日/20日開催~

 2012年、開場50周年を迎えた鈴鹿サーキットにおける記念イベント 『鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー』では、往年の名車や選手が一堂に会し、 鈴鹿サーキットのみならず日本のモータースポーツの歴史を堪能することができた。
 鈴鹿サーキットは歴史を大切にし、 レースとはちがう形でモータースポーツやモビリティの楽しさを広く伝えるべく、『SUZUKA Sound of ENGINE』(鈴鹿 サウンド オブ エンジン)を2015年にスタート。
 イギリスの『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』、 アメリカの『モントレー・ヒストリックカーレース&ぺブルビーチ・コンクール・デレガンス』など、 世界には数多くのヒストリックイベントが存在するが、『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 』も、これら歴史あるイベントと並び称されることを目指している。
 展示・走行・コンクールからなるイベント構成は、それぞれが時代と名場面を映し、 過去と現代を繋ぎ、文化としてのモータースポーツを楽しむことができる夢のような2日間となるに違いない。・・・ つづきを読む(「レスポンス」)






「ホロルのたまご~しろさと町民まつり~」が開催されます!!

 城里町の農業・商工業・文化を体験することのできるイベントです。ステージでは町の伝統芸能の披露、園児・児童の演奏や演舞などが行われます。そのほかにも、子どもたちの体験コーナーや町の農産品・特産品の限定無料配布が行われます。
 昨年のステージは 水戸ご当地アイドル(仮)、イバライガーショー、それいけ!アンパンマンショー等が行われました。今年も楽しみにしていてください!!・・・ つづきを読む(「城里町観光協会」)






●バス・タクシー・トラックのEVを導入する事業者を公募…国土交通省

 国土交通省は、バス・タクシー・トラックの電気自動車導入を支援するため、「地域交通グリーン化事業」を公募すると発表した。
 電気自動車はエネルギー消費効率が良く、排出ガスを出さない低騒音の環境に優しい自動車だが、通常の内燃機関車と比べて高価なことや、充電施設など、インフラ整備が普及に向けた課題となっている。
 このため、国交省では「地域交通グリーン化事業」により、自動車運送事業者に対して、電気自動車バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車バス・タクシー、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。
 国交省では、同事業によって電気自動車を活用した地域の実情を踏まえた、多様な交通サービスの展開や、他の地域や事業者による導入を誘発・促進することを見込んでいる。・・・ つづきを読む(「レスポンス」)