『ご当地カレーナンバーワン決定戦「C-1グランプリ」開催!』など

2016/11/18

一覧画像


●ご当地カレーナンバーワン決定戦「C-1グランプリ」開催!

 日本の国民食といわれるカレーによる食のまちづくりに取り組んでいる土浦市で全国からご当地カレーが大集合する祭典『第13回土浦カレーフェスティバル』が開催されます。
 今年は、全国のご当地カレー(富良野オムカレー、北本トマトカレー、黒部ダムカレー、門司港発祥焼きカレーなど)が14店舗、カレーのまち土浦から35店舗、合わせて49店舗のカレーと全国のご当地グルメ28店舗が土浦に集結します。・・・ つづきを読む(「茨城県」)






●勤務間インターバル制度 長時間労働是正へ

 長時間労働に悩まされているのは、トラック運送業界だけではない。働き方改革実現会議でも広く、長時間労働の是正が訴えられている。長時間労働を減少させる制度として最近、労働者に一定の休息時間を与える「勤務間インターバル制度」を導入する企業が増えている。同制度は、従業員が仕事を済まして退社してから翌日に出社するまで、一定時間をあける制度のこと。EUでは1993年に法制化されており、国内では大手企業を中心に普及しつつある。この制度は果たして運送業界でも普及するのか。・・・ つづきを読む(「物流ウィークリー」)






●<シーネット>価格を抑えた音声物流システム提供開始

 シーネット(千葉県船橋市)は18日、グループ会社のシーネットコネクトサービスがクラウド版音声種まき仕分けシステム「VAS」を提供開始したと発表した。昨今、生鮮・青果・日配品を取り扱う通過型(TC)倉庫を中心に音声認識技術を活用した種まき仕分システムが増加しつつある一方で、音声認識システムは企業ごとの運用に合わせ多様なカスタマイズが必要となるため、費用面などで導入へのハードルが高い傾向にあった。・・・ つづきを読む(「LOGISTICS TODAY」)