『<国交省>生産性革命プロジェクト、物流システムの国際標準化推進を拡充』など

2016/11/28

一覧画像


●<国交省>生産性革命プロジェクト、物流システムの国際標準化推進を拡充

 国土交通省は11月25日、「生産性革命プロジェクト」に、物流システムの国際標準化の推進~オールジャパンで取り組む「物流生産性革命」の推進~を拡充したと発表した。
 サプライチェーンのグローバル化が進む中、アジア等の新興国では高品質なコールドチェーン等が構築されていない国が存在すると現状を分析。
 我が国物流システムを国際標準化し、新たな市場を確立することで、それらの市場において我が国の質の高い物流サービスの差別化を図り、我が国の物流サービスの競争優位を創出することが期待される。・・・ つづきを読む(「LNEWS」)






●<新成運輸>モリワキレーシングとコラボ

 【三重】新成運輸(村木尚哉社長、四日市市)では、高性能な自動二輪、四輪車部品の製造と販売を行うモリワキエンジニアリングが擁する、モリワキレーシングとコラボしたラッピングトラックを走らせている。
 コラボの発案者は、元レーサーで休日にはモータースポーツイベントへ積極的に参加しているという中屋敷丈宏輸送業務課長だ。
 中屋敷課長は「コラボをしたいと打ち明けてから、社長には色々なチャンスを与えてもらった。今年、実現したのも色々なタイミングが合致した結果。これから車両の露出を増やしていければ」と話している。・・・ つづきを読む(「物流ウィークリー」)






●<山田製薬>茨城の化粧品新工場が竣工

 日華化学は24日、100%子会社で化粧品や医薬部外品の受託製造を行う山田製薬(東京都中央区)が、霞ヶ浦工場内で建設を進めてきた新工場棟が完成し、11月22日に竣工式を行ったと発表した。
 今回、顧客からの受注量が現工場のキャパシティを超えており、需要に対応するため、新工場棟の建設を決定した。・・・ つづきを読む(「工場建設通信」)